十一月 霜月

〜十一月霜月のお知らせ〜

年内の講座、催しも記載しております。どうぞ、ご覧くださいませ。


【和草での催し年内のお知らせ】11時〜

◆期間中は、喫茶室と販売もあります。

11/11〜 25   『二人展  土の詩/纏う風』

11/11              *tablierのオーダー会

11/18              *天然酵母パン 涵養堂販売

                                 +和草のぱんランチ

11/19              *つる子さんのお香遊び   要予約

                           〜天然樟脳の防虫香作り〜

                           イベントページは、↑クリック

11/30             『断捨離市』出店者募集中

12/7〜12/25  『冬じたくの市』

12/10              *冬の薬膳養生ごはんの会  要予約

12/14              *消しゴムはんこw.s    要予約

12/16              *餅つき+新蕎麦    要予約



《出店・納品》

*11/4  えこわいずさん売り出し 納品  

              『秋の木菓子』



《お申し込み》

①お名前②ご連絡先

を明記の上お電話かメール

09096017468   いしよね




『季節の保存食をお裾分け』

  2015.5から四季を通じて、保存食講座を開催しています。




   =====   初冬 =====

◆【季節の保存食をお裾分け】《生姜》

久しぶりの開催です。

朝晩は、すっかり寒くなりました。

今回は、採れたての旬の《生姜》を使って和草の喫茶室でも人気の

◉自家製じんじゃあえーる

◉生姜じゃむ

を作ります。


日時:2017.11月23日(木・祝)  10:30〜12:30

場所:  和草  直方市上頓野3649

参加費: ¥2500(試飲とjamのお土産付き)

定員:10名


   =====    冬 =====

【季節の保存食をお裾分け】《小豆 》

小豆の赤は、邪気を祓うといわれお目出度い行事などによく使われますが栄養面からも、とてもおすすめの食材です。

和草のあんこは、なんと言っても美味しく安全な素晴らしい食材からです。まずは、小豆そのものの美味しさを味わうことから体験してください。

【小豆のお話】

⑴小豆の効能、洗い方、渋抜きについて

⑵小豆そのものを味わう

【作るもの】

◉粒あん(デモンストレーション)

◉黒米おはぎ   (出来立ての粒あんで作りましょう)                          ◉小正月の小豆粥 (ご試食 )

 時間 : 10:30〜13:00      参加費 : ¥3000

 準備するもの   エプロン   手拭きタオル


◆『わが家の味噌を仕込みましょっ』《大豆》

冬に仕込むお味噌は、じっくりじっくり時間をかけて熟成していきます。

丁寧に仕込んだあとは、時と愛情が仕上げてくれます。待つ愉しみも味わってくださいね。

   日時: ① 2018.2/ 18   ②2/19      10時半〜13時  

   定員:10名        場所: 和草    

   参加費:1000円     

   材料費:別途大豆の量により

     【大豆1Kgの場合】 仕上がり3.5Kg〜4Kg   

 ★事前に無農薬大豆をお渡しいたします。茹でて、当日持参していただきます。(〜大豆のお渡し日時打ち合わせ致します〜)

★お味噌講座の材料費について《大豆1キロ》

       材料費 ¥2660 
       大豆¥800       麹 ¥1360      塩¥500

    =====   春 =====

 *2015.5/27(火)  10:30〜13:00(終了)     at ラピュタファーム

  《内容》

   ★苺    苺のコンフィテュール     苺のプリザーブ

   ★山椒  

       ちりめん山椒、山椒の保存方法   

   ★よもぎ  か    青梅

       よもぎの保存方法、よもぎ餅

   ★春の野草、山菜

   ○参加費  2500円

                   (別途 材料費1000〜1500円)

   ○お持ち帰り

       ●苺のコンフィテュール 一瓶

       ●ちりめん山椒 ●枇杷の葉エキス

       ●よもぎ餅

   ○定員  15名

   ○下記の申し込み先にmailかお電話

       mail、FBに関しては、必ず返信を持っ

       ての受付となります。

       お名前、ご連絡先を明記の上お申し込

       みください。

====初夏=====

◆『季節の保存食をお裾分け』 《梅》
お待たせしました。梅尽くしです。
基本の作り方をお教えします。
梅は、私が一番最初に手掛けた保存食です。材料にも、こだわりますのでちょっと材料費は、高くなりますが違いを感じてくださいね。
〜2018〜
      〜梅尽くし〜①    《 青梅  》 
◎6/4(日)10時半〜      
◎6/5(月)10時半〜♦︎18時〜 
◎6/8(木)10時半〜     
   ★a.梅の黒糖黒酢漬けb.梅酒 c.梅しろっぷ
   ★梅酒の梅で甘露煮
   ★梅肉エキス
      ⭕️和草にて
      ⭕️定員  10名
      ⭕️参加費  1800円+材料費(abcの中から2種類)
      ⭕️作った梅は、お持ち帰りいただきます
♪ご参加の方には、作りたい量や保存瓶について、追ってご連絡いたします。
      〜初夏 梅尽くし〜②   《 熟し梅  》
◎6/8(金)10時半〜13時  
◎6/11(月)  10時半〜13時
◎6/15(金)  10時半〜13時      
  ★梅干しの作り方
  ★赤紫蘇の塩もみの仕方
  ★赤紫蘇ジュースの作り方  試飲あり
  ★梅びしおの作り方
   ⭕️和草にて   
   ⭕️定員 :  10名
   ⭕️参加費  1800円+材料費(2キロ〜)
                  2回目の方  参加費¥1500
   ⭕️作った梅は、お持ち帰りいただきます
♪ご参加の方には、作りたい量や持参すぬるものについて、追ってご連絡いたします。

参加申し込み&お問い合わせ:(和草いしよね)  

090-9601-7468    nicogusa.haha@gmail.com

                   

 

春には、山菜、夏には梅しごとから始まり、秋の果物で自家製じゃむやジュース、
冬は、味噌、干し柿。柚子や花梨は種で化粧水も、と余すところなく使いきります。
年間を通して季節の自家製ジュースやジャム、常備菜、お山の恵みいっぱいの野草入り酵素ジュースなどを手作りします。
最近では、思いのままに自ら木に登って収穫したり、山に入ったりすることもしばしば(笑)
知り合いの農家さんも増え、新鮮な素材も手に入るようになりました。
 
自然からの贈りものを大切に保存し、またそれを加工し、お茶菓子や常備菜に。
少し手間と暇はかかりますが、旬のものを自分の手で添加物も無しに保存できること、また先人の知恵に学ぶことの喜びは、
何ものにも代えがたいと感じます。まして美味しく体にもよいとなると、なおさらですね。
「月に一度、少しの時間ですが自然に寄り添う手作りの楽しさを感じて頂き、ご家族にも幸せのお裾分けができますように…」
 

糠床教室(春と秋)

『100年床で我が家の糠床つくりましょっ。』

〜古の知恵に学ぶ〜
毎年大人気の糠床教室。
糠床発祥の地、北九州市小倉で糠床専門店を営む槙乃家のおかあさんをお迎えします。
四代目、100年床を種糠に惜しみなく分けて頂き、秘伝の糠床と糠炊きの作り方も教えてくださいます。
そして、糠漬けと糠炊きのお昼ご飯が頂けるというなんとも大満足な内容です。
リピーターの方が毎回いらっしゃるほど。
お早めにお申し込みくださいませ!
詳細は、下記参照されてください。
1、 ぬか床作りと漬け方 
2、 ぬか炊きの実演
3、 糠漬けと糠炊きのおいし~い
  お昼ごはんをいただきます。 
 
日時:①2018.  4月30日(祝・月)   終了 10時~13時ころ 
         ②2018.10月8日(祝・日)   10時~13時ころ  空席あり
           
場所:お茶菓子+手しごと 和草
   直方市上頓野3649
   中村さんち内
参加費:4000円
糠床と翌日食べれる糠漬けの仕込みのお持ち帰り+糠床らんち付
定員:20名
                    (和草 いしよね)        
                      nicogusa.haha@gmail.com
*Facebookで参加のみでは、受付が終了しておりませんので必ず返信をもって受付となります。ご注意ください。
☆メールでお申し込みの方は、必ず2,3日中にお返事いたします。
連絡がない場合は、届いてないこともありますのでお電話にてお問い合わせください。
【準備するもの】
●5リットル以上入るかめ、タッパ、ホーローなど。
●手拭タオル、エプロン、筆記用具
毎年恒例となり、いつも楽しく充実した教室となります。
糠床パワーと槇乃家のお母さんパワーで元気になりたい方!   
お待ちしております。

和草への地図

中村さんちへの案内図
中村さんちへの案内図

ご紹介いただきました。

五月号のposに森カフェ特集して

頂きました。
和草とカフェ・コノハも。
とぉーっても、素敵な記事になって

ますが、紙面では掲載出来ない写真

や紹介もたくさんこちらのwebで

見れます。
是非、みて下さいね。
http://www.poss-kyushu.com/tanken/

和草にてお取り扱いのお品

うまいもの~自然の恵みに感謝~

*苺(幸の香)「ワタリセ農園」(春・冬)終了

*苺  「やました農園」無農薬苺(旬の時期)  終了

*すっぴんどらいふるーつ「うきは百姓組」(催し時)

*日本のお番茶いろいろ「番茶のお店 ふりゅう」

*こだわりのお茶「コノハト茶葉店」

*赤村の自然栽培の架け干赤米「後藤彰さん」欠品中

*そい・ぷーどる 「れんげカンパニー」

  ホットケーキMIX・ガレットミックス

*黒糖粉「奄美ワークセンター」6月入荷

*無肥料自然栽培のお豆「サン・スマイル」「自然農園いのちのいっぽ」

くらしのもの
*Life afa  オーガニックコットンの肌着

*牡鹿半島のエコたわし  欠品中

*木の皿・器・漆・匙 「木工・素白」

*ポストカード 「yoco」

*古布の小物 「ジューンベリー」

*CD ・mather talk(中村淳子)

            ・小松崎 健(ハンマーダルシマー)

    ・やないけい

*陶器と絵本 石原稔久(シリーズ4作+corseあります)

*のおがたみやげ 手ぬぐい  ひしや染め物店

 

 

牡鹿半島のエコたわし”海だより”

ご縁がありまして太陽村さんがお手伝いしている、被災地域・牡鹿半島の女性たちが編むアクリルたわしの販売を始めました。

どうぞ手にとって、その温もりを感じてくださいね。地元の美味しい大人気のおうどん屋さんに勤めているお客様がとても重宝しているからと毎回購入してくれています。嬉しいですね。

震源地に近い宮城県の牡鹿半島はワカメや牡蠣の養殖の盛んな良港でしたが津波で養殖場、沿岸の家々、工場全て流されてしまいました。

  半壊の家を修理して住む人の多い地域では、皆で集って 魚の形のアクリルたわしを編むという試みを始めました。 

洗剤なしでもお皿が洗えるすぐれもの。

パソコン画面のふきそうじなどにも GOODです!

使う度に、牡鹿のおばちゃんたちの笑顔を想像してくださいね。

忘れない…忘れてはいけない。

・価格 :1個300円

・サイズ: 約16x10cm

*ぶろぐ「和草徒然記」お休み中…


*本日のお品書き

毎回FBにて、UPしております。

 

*季節のおすすめ

秋の和草・・・
秋の和草・・・

アクセス

地図
地図


▲お店の日

週末と月曜日(不定期)

13時から日暮れまで

月ごとに予定をお知らせしています

催しのある日

(イベント・教室など)

◎お茶菓子のご予約承ります。

住所:直方市上頓野3649

連絡先:和草(にこぐさ) 

090-9601-7468

nicogusa.haha@gmail.com

 

和草への案内

地図
地図

▲本日のお茶菓子

  

(土日・月) 不定期

13:00~17:30頃まで

お持ち帰り

* 古代米こはぎ

*季節のお茶菓子


保存食

*旬の果物のじゃむやコンポート

 

喫茶コーナー

お飲み物

・スパイシーココア

(オーガニックココア100%)

・有機抹茶おれ (豆乳)  

・無農薬ほうじ茶のちゃい

・自家製梅じゅーす

・自家製じんじゃあ えーる

(炭酸割り)(ほっと)

・玄米こうひぃ

・穀物こうひぃ

・たんぽぽこうひぃ

・オーガニック珈琲

 

喫茶甘味もの

本日の生菓子

本日のお茶菓子

・お薄ぜんざい 

・お抹茶せっと

(本日のお茶菓子付)

・白玉あんみつ

・白玉ぜんざい

(+50円で無農薬緑米玄米餅)

  お問い合わせ

 090-9601-7468

   (いしよね) 

   nicogusa.haha@gmail.com        

ご縁の環

結い村

http://yuimura.jp/college_detail.php?no=44

Twitter