和草(にこぐさ)のこと いろいろ

photo by   Takayuki Akashi  and nicogusa


初めまして。

この度、たくさんのご縁をいただきまして

 

 

    「お茶菓子+手しごと 和草(にこぐさ)」

      (手作り和菓子 あんの隠れ家 改め)

                

     のお店を始めることとなりました。

 

 

福智山の麓、直方市の上頓野にあります古民家

「なかむらさんち」の一間をお借りします。

 

地元で採れたもの、真心のこもった作り手さんの安心・安全な素材を

使わせていただき、大好きなお茶菓子をつくります。

私の作るものは、「恵まれた素材ありき」。

自然に寄り添い、本来の味を引き出し、旬のエネルギーをたっぷり盛り込んで。

 

ちょっとした季節感や日本の習わしを感じながら、お茶のおともに

していただけると嬉しいです。

 

ひとつ、ひとつに心をこめて・・・・。

 

竹藪のなかの「なかむらさんち」では 澄んだ空気、静寂、山の涌き水。

自然の恵みをたっぷりと受けながら、時間がゆっくりと流れます。

 

「暮らし」のこと「食べる」こと「からだ」のこと

ご縁のあった方と繋がっていく そんな空間になれたらと思っています。

 

おいしいお茶とお菓子をご用意してお待ちしております。

 

商い日:土日月曜日 (不定期)

              13:00~17:30

       その他催しの日

         (イベントへの参加などが多いためご確認して

            からおいで下さいますよう。)

問い合わせ・お申し込み:石米(いしよね)

      携帯;090-9601-7468

      メール;nicogusa.haha@gmail.com

    

FBにても、近況をいろいろ綴っていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

   2011年3月吉日

お茶菓子+手しごと 「和草(にこぐさ)」  

                                                                石米温代

和草(にこぐさ)の名前

和草(にこぐさ)の名前の由来

 

和菓子を作り始めた頃は、「あんの隠れ家」という屋号でした。

この名前もいろんな 思い入れがありかわいがっていただきました。

ありがとうございます。 

でも今回のおーぷんで心機一転
「和草(にこぐさ)」

という屋号にして始めることにしました。

 

「和草(にこぐさ)」とは、若い草、柔らかい草等の意味があり、新芽の勢いのある純粋な息吹をあらわす言葉。どんなにちいさな草でも、新芽には「生命」の力強さと「愛おしさ」を感じます。

使わせていただく素材ひとつひとつが、

いのちを与えてくれる、そんな愛おしい「和草」のお茶菓子をつくりたいと命名しました。

 


素材について

無肥料自然栽培の小豆
無肥料自然栽培の小豆

小豆・銀手亡豆・・・無肥料自然栽培のお豆たち。   自然のなかで力強く育った豆は、あくも少なく、あんこにするのが、「もったいない」と思ってしまうほど。豆そのものが、ほんとにおいしい!

お砂糖・・・種子島産の双目糖を使用。

                   あんこも大福もすべてお砂糖は、

      精製されていない双目糖や奄美の

      黒糖、てんさい糖などでつくるの

      で後を引かず、やさしい甘さです。

最中種
最中種

最中種・・・佐賀県のひよく米で作られ、福岡県の最中種の職人さんが焼いてくださる。さくさく、香ばしく、見た目もかわいらしい。

 心(はぁと)もなか、ころころ三色もなか。

うきは百姓組の         ドライフルーツ
うきは百姓組の         ドライフルーツ

すっぴんドライフルーツ・・・

うきは百姓組のすっぴんドライフルーツ。試作のときから、あんことの相性は「ばっちり」なのでした!自然な甘さで、そのままでも十分おいしい。店頭販売もしています。

極上白玉粉と一等きなこ
極上白玉粉と一等きなこ

熊本の「れんげカンパニー」さんより地元熊本のおいしい極上白玉粉・一等きなこを分けていただいています。大福や白玉団子、きな粉飴などに使っています。

その他に、地元の旬の野菜や果物を使わせていただき

その季節ごとのお菓子や保存食を作るのが、たのしみです。

 

大切に使わせていただきます。

[調味料]
【松合食品 ヤマア 天然醸造 丸大豆しょうゆ(こいくち)】

熊本県宇城市の松合食品は醤油・味噌・酢にこだわり続けて181年、熊本に根差した醸造メーカーさんです。
丸大豆は阿蘇市・阿蘇高原限定契約無農薬製法栽培された丸大豆使用、麦は菊池の有機栽培の麦を使用。 
天日で精製した自然塩を原料にじっくりと一年以上の長期熟成で醸造された丸大豆しょうゆです。

 【三河みりん】
 【蔵の素】料理酒
 【オリーブオイル オルチョ】
 【天日塩  海のひとしずく、美味海の塩】
 

▲お店の日

週末と月曜日(不定期)

13時から日暮れまで

月ごとに予定をお知らせしています

催しのある日

(イベント・教室など)

◎お茶菓子のご予約承ります。

住所:直方市上頓野3649

連絡先:和草(にこぐさ) 

090-9601-7468

nicogusa.haha@gmail.com

 

和草への案内

地図
地図

▲本日のお茶菓子

  

(土日・月) 不定期

13:00~17:30頃まで

お持ち帰り

* 古代米こはぎ

*季節のお茶菓子


保存食

*旬の果物のじゃむやコンポート

 

喫茶コーナー

お飲み物

・スパイシーココア

(オーガニックココア100%)

・有機抹茶おれ (豆乳)  

・無農薬ほうじ茶のちゃい

・自家製梅じゅーす

・自家製じんじゃあ えーる

(炭酸割り)(ほっと)

・玄米こうひぃ

・穀物こうひぃ

・たんぽぽこうひぃ

・オーガニック珈琲

 

喫茶甘味もの

本日の生菓子

本日のお茶菓子

・お薄ぜんざい 

・お抹茶せっと

(本日のお茶菓子付)

・白玉あんみつ

・白玉ぜんざい

(+50円で無農薬緑米玄米餅)

  お問い合わせ

 090-9601-7468

   (いしよね) 

   nicogusa.haha@gmail.com        

ご縁の環

結い村

http://yuimura.jp/college_detail.php?no=44

Twitter